みなとや呉服店

創業明治3年着物専門店

オリジナル商品の制作現場

店主の今月の装い

 


関東ではソメイヨシノ開花の知らせも。

この時期が来るのを箪笥の中でジ〜ッと待ってた桜の小紋と染帯。

何と25年前に誂えた一揃え。これから3週間の出番です。

染帯(縮緬名古屋帯 )は江戸時代のポチ袋の柄からみなとやで別誂えしたオリジナルです。

このシリーズ、大変人気で沢山販売させていただきました。

「縞模様に桜」とは江戸の好みは大胆で素敵です。

25年前は朱色の帯締めと帯揚げを合わせてましたが、

今年は年齢に合わせて白でスッキリ合わせてみました。

朱色の分量を減らすためです。

全体として朱色の割合が多いと、可愛らしくなります。

着物のコーディネートの場合、こう言った匙加減も重要です。

『きものSalon2020春夏号』にみなとやの付下げと袋帯が掲載されました。

なんと草刈民代さんがご着用いただいて、とても品良く美しく着こなしていただいております


きものは本物の桜の花びらを思わせる淡い淡いピンク地です。遠山の暈しは暈し足が美しく、更に刺繍で桜の花、金箔で霞を置いてあります。遠山の空色が桜色の地色に映えて、上品ながらも個性が際立つ野口さんのお着物です。


帯はほぼ同色で品良くコーディネート。桜色に白と金色の濃淡で立体感を際立たせた桜尽くしになっています帯問屋、誉田屋源兵衛さんのお品。


同色のコーディネートの場合、帯締め、帯揚げでお色を利かせるのが重要です。
弊社のショーウィンドウに展示しておりますので、ご興味ある方は是非ご覧くださいね。

本日の店主の装い(お仕事バージョンです) 節分も終わったので、お雛様の帯を登場させました。
  
結城の八寸帯にオリジナルの刺繍を施しました。
 
  
 
軽くて結びやすくて、締め心地は最高です。
 
半衿はお気に入りの鱗柄、色違いもあります。またご紹介します。

一人楽しく背中で雛まつりです♬

結城紬の真綿糸で織った八寸帯に、日本刺繍でお雛様を置いた

当店オリジナルの帯です。

軽くてとっても結びやすく、一日着ていても体に負担がありません。

 

ものづくり女子

地元松阪の夕刊三重で、弊店のオリジナル創作きものに興味をもっていただき、取材を受けました。

創作活動は手間暇かかりますが、頑張っていきたいと思います。

誂えてました夏の名古屋帯が出来上がってまいりました。

_MG_7063

粗い紗の生地に、染め、金彩、刺繍で、モダンで楽しい帯になりました。

お単衣、夏物の紬や小紋、麻や上質の浴衣にもお締めいただけます。

 IMG_4285

↑色と柄、位置などを綿密に指示。

当店オリジナルです。

 

_MG_7099

↑お色違い、柄違いもございます。

 

7、8月限定の絽の付下。

ご着用の方も少なくはなってきておりますので、悲しいかな市場には年配向きで柄付けの少ない無難なお品しかないのです。

しかし、夏に案外多い結婚式、祝賀会、パーティ・・・。

また、温暖な海外でのご着用でも重量の軽い絽の着物は重宝します。

 

そんな事情もあり、今年の夏に向けて、お若い方でもご着用いただける綺麗なお色の柄付けの凝った付下を2点別染いたしました。

ティファニーブルーを思わせる冴えた水色と翡翠のような透明感のある若草色。

平凡な薄いピンクやクリーム、水色は敢えて避け、

糊糸目の繊細な加工で品良く涼しげに仕上げました。

私も着てみたいなぁ〜と、誘惑に駆られる良い出来栄えです。

IMG_0011 IMG_0012 IMG_0013

ページトップへ戻る

みなとや呉服店
株式会社みなとや呉服店
〒515-0084 三重県松阪市日野町787-2
TEL:0598-21-1044
FAX:0598-26-8456
定休日:火曜日

copyright c みなとや呉服店 All Rights Reserved.