色留袖 芝垣に中啓

色留袖 芝垣に中啓

通常価格 ¥664,235
/
税込み

在庫はあと 1個です

芝垣に中啓

淡いピンクに白上げと金彩で芝垣を仕上げ、中啓の扇を京友禅にて描いた逸品です。

「啓」とは「開く」という意味で、扇を折り畳んでいながら上端が「中ば(半ば)啓く」という状態から中啓と名付けられました。

中啓は古くから儀式などで用いられるもので、フォーマルの柄としては仰々しくなく、しかしきちっとした格の柄として用いられます。

また芝垣も、家を守るなどの厄除け的な意味合いを持ち、扇と共におめでたい席で着られることの多い、色留袖としての格を持たせてくれます。

 


 

紋入れ

 

パールトーン加工

 

※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が多少異なる場合がございます。

※商品の色については、画面を表示するモニターによって実際と多少異なる場合がございます。ご了承くださいませ。

※比翼付の袷お仕立て込みの価格になります。比翼無しをご希望の場合はご連絡ください。

※抜き紋以外をご希望の方はご相談ください。

※表示の販売価格には、紋入れ・パールトーン加工代は含まれておりません。チェックボックスからお選びください。後ほど金額を修正してメールをお送りします。

※裏地などお仕立てに伴う付属品はすべて正絹(絹100%)となります。

※価格には袋帯は含まれておりません。

 


koji