夏名古屋帯 大麻地 和染紅型 栗山吉三郎

通常価格 ¥108,020 セール価格 ¥88,000 19%を保存する
/
税込み

在庫はあと 1個です

大麻地 和染紅型 栗山吉三郎

大麻地を使った京紅型、栗山吉三郎工房の夏九寸名古屋帯です。

和染紅型とは、初代栗山吉三郎が沖縄にて琉球紅型の技法を習得し、それを京都に持ち帰りました。本来なら顔料で加工する紅型ですが、着物のほとんどを染める染料に変え、新たに和染紅型として発表しました。

染料で染め上げることにより、琉球紅型独特の鮮やかな配色はなくなりましたが、染料で染め上げた着物になじむ上品な風合いが生まれました。

この名古屋帯は、近江上布にみられる大麻糸を使用した生地を使い、お柄は大胆な花、プロテアを図案化し染め上げています。

気軽に浴衣から、そして小紋や紬など、様々な夏の装いに活躍してくれます。

 


 

パールトーン加工

 

※画像はイメージ写真です。柄の出方が多少異なる場合がございます。

※商品の色については、画面を表示するモニターによって実際と多少異なる場合がございます。ご了承くださいませ。

※芯入れ名古屋帯仕立ての料金です。特殊仕立て(絹芯、夏芯、松葉仕立、開き仕立等)の場合はご相談ください。

※表示の販売価格には、パールトーン加工代は含まれておりません。チェックボックスからお選びください。後ほど金額を修正してメールをお送りします。

 


koji