士乎路紬 格子 泥
士乎路紬 格子 泥

士乎路紬 格子 泥

通常価格 ¥374,000
/
税込み

在庫はあと 1個です

格子 泥

 

呉服屋の女将さん達に愛用者の多い士乎路(しおじ)紬。

能登半島が昔「志乎路(しおじ)」と呼ばれていたことから命名された紬で、水島繁三郎の手によって1970年代に生み出された、まだ50年ぐらいの歴史の新しい紬です。

水島繁三郎は現ユニチカの工場長などを務め、在職中から日本の織物に興味を持ち、全国を視察して周りました。

その研究の中、糸は本場結城紬の手引き真綿糸、染めは大島紬の泥染に惹かれ、その両方の優れた部分を兼ね揃えながらも、求めやすい価格のものを作りたいという思いから能登半島の羽咋(はくい)に工房を作り、士乎路紬が出来上がりました。

糸は、結城と同じく手引きの真綿糸を使用。

結城紬はよりのかかっていない糸を使いますが、士乎路紬は節の太い部分を丁寧に取り除きつなぎ合わせ、それに右よりと左よりの生糸を巻きつけ糸の太さを均等にし高機で織り上げています。

また、染めは泥田で幾度も染め重ねていく大島紬とは異なり、草木染などの植物染料と泥エキスを併用し科学の力を使い染め上げています。


 士乎路紬は味わいがあり、包み込まれるようなふんわりと軽い着心地が特徴で、シワになりにくいと愛用されております。

 

こちらの士乎路は『室町の加納』オリジナル商品。

合わせる帯によって格子柄がとてもモダンな印象です。

『室町の加納』さんは織物の専門問屋ですが、全国各地の伝統的なこだわりの織物を扱っているメーカーさんで、創業当初は特に大島や琉球ものを多く扱っていました。

加納さんの展示会では全国の珍しい1点物のお宝の商品が集まるので、この時ばかりは前泊で京都に入って朝一で並んで仕入れをするほど希少なこだわりの逸品を取り扱う問屋さんです。

 


 

◆お下見サービスについて

お仕立て・加工の必要な商品をご購入前にお手元でご覧いただけるサービスです。

パールトーン加工・お仕立てについては、お下見の後でも変更可能です。

詳細はこちら

◆お仕立てについて

弊社専属の熟練の和裁士が丁寧に手縫いでお仕立てさせていただきます。

裏地などお仕立てに伴う付属品はすべて正絹(絹100%)を使用しております。

 

◆パールトーン加工について

 大切なきものや帯を水や油の汚れから守る撥水・防汚加工です。

胴裏・八掛もご一緒にパールトーン加工をご希望の場合は【希望する(胴裏・八掛を含む)】をお選び下さい。

◆色について

商品の色は可能な限り現品に近づけてはおりますが、画面を表示するモニターによって実際と多少異なる場合がございます。ご了承くださいませ。

◆納期について

サイズをお伺いしてから約30日ほどお日にちを頂戴しております。

パールトーン加工ご希望の場合は更に約1週間ほどかかります。

※混雑時の場合は出来ない場合もございますが、お急ぎの際は出来るだけご希望日に添えるよう早めにお仕立てさせていただきますのでお問い合わせください。

  

お問い合わせ

LINEからのお問い合わせが便利です。

お気軽にお問い合わせください。